ポイント宿泊における追加宿泊者の料金

今回国内にあるマリオット系列ホテルに宿泊する予定があり、ポイントを利用した予約を入れました。そこで予約結果画面に出てきたある【費用】が問題となりました。それは『追加のお客様の料金』です。

スクリーンショット 2019-02-14 8.13.06
追加の宿泊者の料金として17,820円が計上されています
今回は3名での宿泊を予定しています。そして予約した客室は定員3名のため、それ自体問題ありませんが追加の費用がかかることになっています。


2名で予約を入れた場合は追加費用は発生しません。どうやら3名のため、1名分の費用を要求されているようです。


このホテルは普通に宿泊すれば追加費用をはるかに上回る料金が発生するので、このまま要求された通りに払っても問題なかったのですが、ポイント宿泊に関するある規約の存在を覚えていたので、その問い合わせ結果を待ってからでも遅くは無いなと考えました。

スクリーンショット 2019-02-14 19.53.32

3.2.e. ポイント交換による滞在のためにポイントを交換する場合、ポイント交換滞在には、参加施設でのシングルまたはダブルのスタンダードルームの客室料金、客室税/サービス料、および追加宿泊者料金 (該当する場合) が含まれます。付随費用、リゾート料金やザ・リッツ・カールトン・デスティネーション・クラブレベルのご利用料金を含むその他すべての料金はポイント交換による滞在には含まれておらず、会員の負担となります。

これはマリオットホームページ上で公開されている、ロイヤリティプログラム規約からポイントを宿泊特典と交換する際にかかわる規約の一文を引用したものです。

『リンク→ロイヤリティプログラム規約』


規約上ではポイント交換による滞在には【追加宿泊者料金】が含まれると記載されています。僕はこの一文を、ポイント交換を行使するプログラム会員本人を筆頭に、客室定員を上限とした同行者全ての宿泊費用が含まれていると解釈しました。


僕はこの解釈の正誤を確かめるべく、予約番号と合わせてマリオットに問い合わせをしました。その結果いただいた返事のメールには以下のような文章が述べられていました。


”ポイントでの宿泊は規約通り追加の宿泊者の料金は免除されます。今回の予約はポイントを利用されているので、3人目の追加料金はございません”


マリオット側に問い合わせする手間はかかりましたが、その結果として2万円弱の節約になりました。先日海外のマリオット系列ホテルで同様のケースを体験された方がいらっしゃいましたが、国内のマリオット系列ホテルでもこの規約は活きているようです。





ポイント宿泊は優遇されている

今回の件で分かった事が一つあります。それはポイント宿泊だと免除される追加宿泊者費用が、有償の場合はかかってくるというものです。


実際に調べてみると3名で有償宿泊の場合、予約結果画面に17,820円が計上されていました。客室料金とは別に費用がかかってくるのです。


ポイントを利用し無料で宿泊する時の方が優遇されるという事実の是非はともかく、ポイントでの宿泊がいかに優遇されているのかを感じています。


お子さんとご両親とご友人と、1人やカップルだけでなく3名以上での旅行は珍しくないはずです。そんなときはこのポイントでの宿泊がものすごく活きてくるのではないでしょうか。





おわりに

今回ポイントを利用した宿泊の場合、3名以上での宿泊でも追加宿泊者費用は徴収されないという事をご紹介しました。


マリオットに問い合わせをする手間は発生しますが、節約できる金額が大きいですから面倒がらずにぜひ問い合わせをしてみるべきです。あなたのお役に立てたら幸いです、はらぺこ陸マイラーでした。




※SGPアメックスカード申し込みをご検討の方へ

SPGアメックスカードはアメックスのホームページから直接申し込みをするだけでなく、【僕からの紹介という形】で申し込みをすることができます。


僕からの紹介でお申し込みいただくと特典として入会後3ヶ月以内の合計決済額が10万円を超えた時点で、決済分のポイントと合わせて【39,000ポイント】が付与されます。これは130万円分の決済に相当するポイントです。


紹介入会申し込みページへは下のリンクから飛ぶことができます。また申し込み時にマリオットの会員番号が必要になります。マリオットのトップページから登録が可能ですが、もし不明な点あれば会員登録の仕方をまとめた記事がありますのでそちらもご紹介いたします。

『SPGアメックスカード紹介入会専用申し込みページへ』

『リンク→マリオット会員登録の仕方について』