スクリーンショット 2018-09-13 21.30.37

JALマイルでハワイアン航空特典航空券

2018年9月13日にJALより発表がありました。同年10月1日13時よりJALマイルを使用して『ハワイアン航空』の特典航空券が発券できるというものです。


ハワイアン航空はハワイを拠点にする航空会社で、ハワイ諸島間を往来する便を多数運行するなどハワイの空を一手に引き受ける航空会社と言える存在です。2018年3月25日よりJALとコードシェア便を運航しており、かねてよりマイレージ連携によってJALマイルでも特典航空券利用が望まれておりました。


2018年9月現在ハワイアン航空は『成田・羽田・関空・千歳』の4つの空港から5便ハワイに向けて就航しています(ホノルル行き4便、ハワイ島コナ行き1便)です。JALが羽田からハワイ行き便を就航させていないのはご存じかもしれません。それがハワイアン航空との連携により羽田発のハワイ行き便が存在するというのは見逃せません。さらにJALも就航していない札幌・千歳からの便もあるというのは北海道在住ハワイ好きな方にとって朗報ではないでしょうか。





必要マイル数とモデルプラン

JALマイルでハワイアン航空の特典航空券を発券する際に必要なマイル数は以下のようになっています。
『エコノミークラス』

対象路線例 必要マイル数
2018年11月19日まで
必要マイル数
2018年11月20日から
ホノルル-ハワイ島(コナ)
ホノルル-カウアイ島(リフエ)
ホノルル-マウイ島(カフルイ)
15,000 12,000
ホノルル-タヒチ(パペーテ) 37,000 37,000
札幌(新千歳)-ホノルル-カウアイ島(リフエ)
札幌(新千歳)-ホノルル-マウイ島(カフルイ)
39,000 45,000
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋-ホノルル-カウアイ島(リフエ)
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋-ホノルル-マウイ島(カフルイ)
ホノルル-ブリスベン
ホノルル-オークランド
40,000 47,000
ホノルル-シドニー 50,000 50,000
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋-ホノルル-タヒチ(パペーテ) 55,000 55,000
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋/札幌(新千歳)-ホノルル-オークランド 60,000 70,000


『ビジネスクラス』

対象路線例 必要マイル数
2018年11月19日まで
必要マイル数
2018年11月20日から
ホノルル-ハワイ島(コナ)
ホノルル-カウアイ島(リフエ)
ホノルル-マウイ島(カフルイ)
32,000 24,000
ホノルル-タヒチ(パペーテ) 60,000 60,000
札幌(新千歳)-ホノルル-カウアイ島(リフエ)
札幌(新千歳)-ホノルル-マウイ島(カフルイ)
63,000 80,000
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋-ホノルル-カウアイ島(リフエ)
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋-ホノルル-マウイ島(カフルイ)
ホノルル-ブリスベン
ホノルル-オークランド
65,000 85,000
ホノルル-シドニー 80,000 100,000
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋-ホノルル-タヒチ(パペーテ) 85,000 110,000
東京(羽田・成田)/大阪(関西)/名古屋/札幌(新千歳)-ホノルル-オークランド 100,000 130,000

11月20日より必要マイル数が変更になるのは、JALが提携社特典航空券での発券に必要なマイル数を変更させたためです。基本増加傾向にありますので、可能であれば11月19日までの発券が望ましい状況です。


ハワイアン航空はホノルルから『タヒチ』にも就航しています。これまでもワンワールドメンバーである『カンタス航空』が就航していましたが、ハワイアン航空特典航空券がJALマイルで発券できるようになることで、さらに渡航機会が増えたことになります。





おわりに

10月1日よりJALマイルを使用して、ハワイアン航空の特典航空券が発券できるようになることをご紹介いたしまいした。単純にハワイ行きの便が増え、特典航空券獲得の機会が拡がりました。ハワイアン航空がどの程度座席を解放するかは不明瞭ですが、今はただただ期待するところです。


2019年春ANAによる大型機A380導入を前にJALが攻勢をかけてきています。その一環の動きがJALマイラーに恩恵を与えており、ANAとJALのハワイを巡る戦いにさらに期待したいと思います。あなたのお役に立てれば幸いです、はらぺこ陸マイラーでした。


『関連記事→【ハワイ旅行費用109万円を27万円に節約】格安家族旅行を実現した2つの方法』