689e545041377c747bbb778130c127a1_s

6,000円の差


あるスターウッド系列のホテルを予約しようとパソコンのHPから検索をしました。僕ら家族は僕と妻と子供の3人家族です。
16
画像はまず【大人2名と子供1名】で検索をした際のこのホテルの最安料金です。料金は22,590円でした。


このまま予約に入ろうと思ったのですがふとそういえば【子供は添い寝に限り無料】になる事を思い出し、気まぐれで大人2名だけで検索をしてみようと思いました。
53
すると大人2名のみで検索すると6,000円も安い16,590円と料金が表示されました。


基本は宿泊する人数を正確に入力して出て来た料金で予約するものなのでしょうが、流石に子供を追加するしないでここまで料金が変わってくると流すことが出来ませんでした。


今回僕はダメ元でホテルに電話してみることにしました。【子供が添い寝が認められる年齢だが宿泊する人数としてカウントする必要があるのか?】というものです。ホテル側から【当ホテルは小学生まで添い寝を認めており、今回は大人2名だけで申請してください】という回答を頂戴しました。


ホテルに言ってみるのはタダ的なノリではありましたが今回6,000円も客室代を節約することに成功しました。今回節約した分はホテルでの朝食に充てようかと考えています。






おわりに


今回の僕の行動はちょっと意地汚い部分があるような気もしていますが電話1本で6,000円も安く出来たことは褒めてあげたいなと思っています。


陸マイラー生活を初めて特に海外において主張しないと損する機会に出くわすことが増えてきたのもあり、今回のケースのようなことがあると言わずにいられなくなってきました。外資系のホテルは出来ないことは出来ないとはっきり言ってくれるので、少しでも不思議に思ったらその旨を伝えてみるとお互いに気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。あなたのお役に立てれば幸いです、はらぺこ陸マイラーでした。